RTCのBBS

62430
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

インカレ予選の反省 - 雨宮諒河

2017/07/09 (Sun) 00:53:50

2回の雨宮です。
近畿学生選手権に出場させていただきました。

Total 3:00'35"(61)
Swim 28:05(58)
Bike 1'09"00(46)
Run 1:18'54"(62)

今大会は自分の実力が全く発揮できず、良いこと無しのレースとなってしまいました。スイムは、序盤バトルに巻き込まれてしまい大きく出遅れ、またここで海水を飲み、バイク・ランに大きな影響を与えてしまいました。バイク・ランは海水を飲んだ影響か、終始肺が痛く心拍をあげられない非常に厳しいレース展開でした。焦点を合わせてきたレースでこのような結果に終わってしまったのはとても悔しいです。
しかし、自分の実力が発揮できたとしてもインカレ予選突破は厳しい状態でした。今回のレースで反省点はいくつか見つかり、また普段の練習で克服していける改善点は沢山あります。これからさらに自分の実力を上げていきたいと思います。

最後に、応援・サポートをしてくださったOBの方々、1回生、辻さん、マネージャーの竹田さんありがとうございました。

インカレ予選の反省 - 細矢祐香

2017/07/08 (Sat) 07:43:45

3回生の細矢です。
学生選手権女子の部に出場しました。
タイムは以下の通りになりました。
swim 24:26
bike 1:15:28
run 50:44

結果としては学生選手権女子3位でインカレの出場権を獲得することができました。タイムとしては、全然ですが、去年の悔しさを晴らすことができた点は良かったと感じています。

スイムでは琵琶湖よりも少し落ち着いてレースすることを意識しました。今シーズン初めての海でしたが、いまの実力は出せたのではないかと思います。
バイクてまは、終始「高ケイデンス」を意識して走りました。また、「登りきってから5mの意識」も絶えずできたので良かったと思います。バイクで川合選手に抜かれた際について行くことができなかったことが反省点です。バイクは全体として、今までのレースで1番楽しく走れました。
ランでは、ピッチを意識しました。また、とにかくエイドで貰えるものはもらった点は良かったと思います。しかし、やはりスピードが伴っていないため、ラン勝負に持ち込まれた時は厳しいと思いました。

タイム的には、インカレで通用するようなタイムではありませんが、今回のコンディションの中で今シーズンで1番いいレースができたのは良かったと思います。

やっとスタートラインに立てたので、この夏インカレの舞台でどこまで自分を追い上げることができるのか挑戦していきたいと思います。

今回の遠征で、2日間サポートしていただいたマネージャーさん、1回生、古郷さん、当さん前日に応援メッセージをいただいたOB.OGさん、当日駆けつけてくださった副部長の辻さん、佐藤さん応援ありがとうござました。

インカレ予選の反省 - 金銅誠人

2017/07/07 (Fri) 15:13:00

二回生の金銅です
近畿学生選手権の部に出場させていただきました。

total 2:34:49 (40)
swim 28:59 (59)
bike 1:07:03 (25)
run 54:15 (43)

結果は40位とインカレ出場には大きく届きませんでした。スイムは少し蛇行しましたが普段どうり泳げたようにおもいます、バイクは得意な高低差のあるコースでだいぶ差を詰めれました、ランはケガで全く練習できてなかったなりに10キロ走り切れました。
今回のレースで課題はスイムとランの強化です。特にランは基礎的な体力がついてないように感じているので、これからの練習を重ね来年のインカレ予選は準備万端で望みたいです。

最後になりましたが、遠い中応援に来てくださったOBさん、副部長の辻さん、監督の古郷さん、マネージャー、一回生、ありがとうございました。

インカレ予選の反省 - 伊藤和揮

2017/07/06 (Thu) 17:05:39

4回生の伊藤です。
近畿学生選手権男子の部に出場させて頂きました。

Total 2:34:23(39)
Swim 23:48(29)
T1 2:05
Bike 1:17:10(58)
Sprit 1:43:03(53)
T2 1:22
Run 49:58(35)

結果として目標としていた予選の通過は叶いませんでした。
インカレに出場する最後のチャンスとなる今年こそは絶対にインカレに出場したいという思いを持って、就職活動と練習を両立させながら競技に取り組み、今シーズンの他のレースのリザルトを見て「しっかり実力を出したら予選通過できると思うし自信を持って頑張ってこい」というメッセージを下さったOBの方もいらっしゃいました。

しかしレース前日から胃腸炎に罹ってしまい、スタートラインに立つことすらできないのではないかと思うほど高熱と下痢が酷く、とにかく体調を回復させることを優先させました。
当日はなんとかスタートすることができましたが、スイムから身体が動かず出遅れ、得意のはずのバイクでほとんどの選手に抜かされてしまうなど全くレースになりませんでした。

昨年からチームが部活動へと昇格し、より良い成績が求められる中でこのような情けない結果に終わってしまい、これまで応援やサポートをして下さった方に対して申し訳ないと感じています。
学生トライアスリートにとってインカレに出ることだけが全てだとは思いませんが、自分にとってはインカレに出場することを何よりの目標として今までの練習に取り組んできたので、未だにインカレに出られないということに対する実感が湧いて来ず、悔しいという気持ちよりも目標を失ってしまったことに対する脱力感が大きいというのが現状です。

チームとしては幸いにも女子2人が予選を通過することができたので、インカレで少しでも上位に入ってもらうための練習のサポートに回りながら今後の自分の競技への関わり方をゆっくりと考えたいと思います。

最後になりましたが、遠く暑い中応援に来て下さったりメッセージを送って下さった方々、またサポートをしてくれたマネージャーや1回生、ありがとうございました。

インカレ予選の反省 - 辻村風音

2017/07/05 (Wed) 10:02:21

total:3:01:19(9位)
swim:27:40
bike:1:16:59
run:1:12:23

不甲斐ないレースをしてしまい応援・サポートしてくださったみなさんに申し訳なく感じております。

今シーズンになり調子が落ちているスイムで遅れをとってしまいました。また、エイジの人にもまれて思うように泳げませんでした。
バイクは今回3種目の中で1番まともに競技できたと思います。
ランでは意識がなく結果を見て歩いているようなタイムであったことがわかりました。

来年は就職活動や教育実習があり、競技を今後も続けるか迷っています。しかし、競技を続けないにしても部をサポートしたいと考えています。

最後になりましたが、遠方から応援に駆けつけてくださった副部長の辻さん、OBさん、遠征に帯同してくださった古郷さん、大会運営としてお世話になったこんなつさん、大会審判として活動してくださった松田さん、当さん、応援・サポートしてくださった竹田さん、1回生、応援メッセージをくださったみなさんありがとうございました。
また、レース後は倒れてしまいみなさんに大変ご迷惑おかけしてしまい申し訳ございませんでした。

インカレ予選の反省 - 茂山友樹

2017/07/05 (Wed) 08:48:57

総合2:27′48″(33)
swim 23′50″(34), bike 1:07′20″(29) run 53′20″(40)

インカレ出場とはなりませんでした。応援、サポートしてくれた方々には申し訳ない限りです。
ランで潰れて大きく順位を落としましたが、潰れなくとも今の自分の実力ではボーダーに追いつけていなかったと思います。
スイムでは第3パックくらいに入れていたようなので満足できる位置でした。上手く付いていけていたと思います。
しかし、バイク、ランでの追い上げが足りなかったです。日々の練習での走り込みが不十分だったと感じました。授業がある期間はどうしても練習量が減ってしまいました。春での実力の維持が来年でも課題となると思います。
これからまた1年練習していく中で自分の実力を向上させるのはもちろん、今年度男子インカレ出場者無しの反省から、チーム全体の実力の引き上げもするべきだと感じました。特にスイム、バイクで貢献していきたいです。

インカレ予選反省 - 矢田直也

2017/07/05 (Wed) 00:00:36

2回生の矢田です。
目標にしていたインカレ出場には届かず20位という結果に終わってしまいました。インカレボーダーである19位との差は約40秒もあり、全力を出し切ったつもりなので20位という順位に納得はしていますが、とても悔しいです。また、様々な方から支援をしていただいてるにもかかわらず、立命館の男子から一人もインカレ出場者が出なかったこともとても情けない気持ちです。

今回のレースの最大の敗因はスイムで出遅れたことです。19位以上の選手のタイムをみても自分と同じ26分台の選手は一人しかおらず、バイクやランが他の人より若干速くても意味がないと改めて実感しました。まだロールダウンの可能性もあり、また来年再来年もあるので今回のレースを忘れず練習に励んでいきます。

最後になりましたが、遠方から応援に来てくださったOBの方々、暑いなかボランティア、応援してくれた一回生、ありがとうございました。ご支援頂いている方々にも結果という形で恩返しが出来るよう頑張るので、今後ともご支援よろしくお願い致します。

インカレ予選の反省 - 田中 航希

2017/07/04 (Tue) 23:44:32

三回の田中です。
昨日の結果を報告させて頂きます。

Total 2:23:01(27)
Swim 0:30:20(61)
Bike 1:06:50(23)
Run 0:42:20(9)

結果は近畿27位でインカレ出場は叶いませんでした。

レースを振り返るとスイムはコース取りやペースなど現状の力は出せました。バイクに関しては連戦途中から足の疲労が抜け切らず、不安のある状態で臨みました。その為、一週目の途中まではやはり重い足との戦いでしたせが軽めのギアを心掛けた事で二週目からは持ち直し攻めのレースができました。
ランは、スタートして直後はバイクのダメージで中々スピードが上がりませんでしたが、気持ちを切らさず、粘れた事で後半ペースアップ出来ました。そんな中、ラックの掛け間違いでペナルティーをもらい、1分止まった事はもったいなかったです。
厳しいコンディションの中で、一人でも多くの選手に勝とうと強い気持ちで前を追う事は出来たレースであったと思います。

しかし、やはり、他大学が独占する表彰台を見て、非常に悔しい気持ちが込み上げてきました。昨年は近畿で44位と全くインカレが視野に入る位置ではありませんでした。今年の順位も良いものではありませんが、少しはインカレに近づき昨年より悔しさが大きかったのも事実です。

来年は自分にとってラストチャンスになります。今年は新入生も多く入部し、練習も活気づいています。幹部回生として得意不得意な練習どちらもチームメイトに良い影響を与えれるよう姿を見せていきたいと思います。また男子インカレ出場0人という結果をチームとして受け止め、一から来年を見据えてやっていきます。また、自分は次の目標を南丹のスプリントに設定しました。南丹に向けて、しっかりと自分の練習計画を立て、臨みます。

最後になりましたが、遠い志摩まで応援に駆けつけて下さったOBさん、辻さん、運営として支え下さったこんなつさん、松田さん、監督として帯同して下さった古郷さん、大きな声で鼓舞してくれた一回生、前日サプライズしてくれた利奈、応援してくれた他大学の皆さん有難うございました。

インカレ予選の反省 - 監督・古郷

2017/07/04 (Tue) 01:07:36

監督の古郷です。
今回監督就任後として初のインカレ予選でした。結果として男子は予選通過0、女子は2名の通過となりました。
インカレ決定の細矢、柴田には立命館だけでなく近畿の代表として頑張ってもらうと共に楽しんでインカレの雰囲気を味わってもらいたいと思います。

今回、予選受け入れの経緯から審判員としても活動せざるを得ず、部員には不便をかけました。立命館に負担が集中している現状は変えなければなりませんので今後の課題とします。

ミーティングで部員にも話しましたが、今回の男子の結果は到底納得できるものではありません。私自身を含めしっかりと反省し、何故このような結果になったのかどこが悪かったのかの振り返りをしっかりし、今後どうしていくのかを決めていきたいと思います。
女子については初の団体表彰がありました。インカレ出場の2人はもちろん、辻村も足に痛みを抱える中最後まで諦めずに走り切った事で表彰の権利を得られました。無理をすることは決して褒められる事ではありませんが、そのあと倒れてしばらく動けなくなるまで追い込んだ事で権利を得たことは賞賛に値すると思います。本人は悔しい気持ちもあるかもしれませんが。

本来出場した部員が先に書くのを待つべきだと思いましたが、夢に出るほど悔しい気持ちを持っているんだということを部員と共有し0から再スタートを切るために書きました。


最後になりましたが、WTS横浜で突然の申し出にも関わらずランキャップAirpeakをご提供頂きましたビルマテル株式会社様、ご多忙の中遠方のレース会場まで足を運びご声援を下さった辻副部長、差し入れやサポートしてくれたOBの佐藤ありがとうございました。
同期の佐藤は突然のリクエストにも関わらず会場に駆けつけてくれて遅くまで付き合ってくれました。
三重県協会に所属のOGの近藤には予選受け入れの時からずっとお世話になり通しでした。
OBの松田は前日含め朝早くから設営や審判として活動してくれました。
公私ともに多忙な中、応援のメッセージ動画を下さった平松さん、土橋コーチ本当にありがとうございました。
直前にも関わらずウェットスーツのご提供を頂いた長田さん本当に助かりました。ありがとうございました。
他にも応援のメッセージを頂いたOBの方々に感謝申し上げます。
普段我々の活動を応援してくださっているOBOGの皆様、選手の保護者の皆様に御礼を申し上げます

また、これだけ多くの人の応援に応えられなかった事をお詫び申し上げます。
必ず、来年にはご声援に応えられるように致しますのでこれまでと変わらないご声援をよろしくお願いいたします。

インカレ予選の反省 - 柴田彩瑛

2017/07/03 (Mon) 19:49:50

4回生の柴田です。今回予選に出場させて頂き、6位で出場を決めることができました。"いろんな方々に応援して頂いている"というのを4年目にして身にしみて感じ、現状で精一杯のレースをすることができました。本当にありがとうございました。

スイムだけは比較的継続して練習していたため、予想の範囲内の順位でアップすることができました。
バイクは、年明けから全く乗っていなかったため、1番懸念していたパートでした。案の定女子選手から次々と抜かされ、苦しい展開となりました。練習不足はどうしようもできないと思ったので、焦るのではなくて一瞬一瞬を大事にして、気をしっかり保って最後まで頑張ろうと考えられたのが結果的に良かったのではないかと思います。
ランはバイクで闇雲に脚を使わなかった分、思っていたよりもまともに走れました。しかしその時点で7位だということが分かっており、折り返しなどで前を確認しましたが今の走力で追いつくのは難しいとも思いました。悔いなく終わりたかったので、エイドの度に多少遅くなっても絶対止まり、水をかけて回復してペースを保ち、チームメイトに声をかけながら走り続けました。ずっともうインカレは無理かと思っていましたが、暑さで前の選手がストップし、最後の最後で6位に入ることができました。

タイムは今までで1番遅いですし、競技に関していいところは一つもありませんでしたが、自分なりに決めたこと、今の自分にできることをレース中に確実に実行できたのが結果に繋がったのかなと思います。
今回は急遽参戦という形でしたが、インカレに出場するからには立命の代表として納得のいくレースにします。ちゃんと時間を作って練習して、最後のインカレを楽しみたいと思います。

最後になりましたが、遠いところから応援に駆けつけてくださったOBさん、副部長さん、遠征に帯同してくださった古郷さん、運営としてもお世話になったこんなつさん、暑い中応援・サポートしてくれた一回生、マネージャーさん、声をかけて下さったすべての方々に感謝します。

インカレ予選の反省 - 澤口光

2017/07/03 (Mon) 11:39:47

3回生の澤口です。
今回、インカレの出場権を獲得することは出来ませんでした
スイム、ランに関しては予想以上のタイムだったので良かったです。ただ、バイクが悪すぎました。自分が想定した以上に前に進まず不甲斐ないレースとなりました。今思えば骨折してたから、練習不足だからと自分に甘い考えがレース前からあったと思います。スイムとランが戦えるレベルまで、持って行けたのだから、バイクだってもう少し高いレベルまで調整できていたと反省しています。今回、不甲斐ないレースをしてしまった分、インカレの出場権を得た選手のサポートをすると共に、まだシーズンは終わったわけでなく、集中を切らさないよう練習を積んでいきます。やはり長い距離に苦手を感じているので、3種目とも距離を積んでいきます。
最後になりましたが、自分が真っ赤に日焼けをするまで応援、サポートしてくれた1回生、いつもお世話になってる竹田さん、古郷さん、わざわざ応援に来てくださった辻さん、OBの皆さんありがとうございました。
もう一度気合を入れ直します

インカレ予選の抱負 - 田中 航希

2017/07/02 (Sun) 07:05:28

三回の田中です。
高温多湿と厳しいコンディションが予想されますが、
攻めのレースでインカレを狙います。
応援の程、宜しくお願いします。

インカレ予選抱負 - 矢田直也

2017/07/02 (Sun) 05:48:56

2回生の矢田です。
今回のレースのために1年間とてもつらい練習を頑張ってきたので、レースを楽しみつつもしっかりと順位を狙ってインカレの権利をとります。応援よろしくおねがいします。

インカレ予選の抱負 - 金銅誠人

2017/07/01 (Sat) 23:22:07

二回生の金銅です
インカレ予選では怪我中ということもあり、体の調子を見ながら精一杯実力を出し切りたいと思います。
まずスイムですが、バトルを避け自分のペースで泳いでいきたいと思います。目標タイムは30分を切ることです。
次にバイクですが、ペースをあげ、前を追いたいと思います。
ランですが、怪我のため練習を詰めていないので初めはゆっくりと走り徐々にペースを上げれたらいいと思います。
応援よろしくお願いします

インカレ予選の抱負 - 雨宮諒河

2017/07/01 (Sat) 23:13:43

2回の雨宮です。

明日のレースは、スイムは自分より少し実力の選手を見つけ、できる限り着いていく事、バイクはアップダウンのある得意なコースなので攻めの走りをする事、ランで最後まで追い込む事を特に意識して、1つでも上の順位でゴールしたいと思います。
サポート、応援よろしくお願いします。

インカレ予選の抱負 - 細矢祐香

2017/07/01 (Sat) 22:14:31

3回生の細矢です。
明日は、去年の悔しさを晴らすために順位を意識したレースにしていきたいです。
ここ最近のレースでは、バイクがネックになっていますが、明日のバイクコースはテクニカルなコースでもあるので、チャンスあると考えています。

最後まで気持ちで負けずに頑張りたいです。


応援よろしくお願いします。

インカレ予選の抱負 - 柴田彩瑛

2017/07/01 (Sat) 13:41:11

4回生の柴田です。予選に出場させて頂きます。
試験との関連で今年は出場できないと思っていましたが、何とか都合がつき、また大会運営側の方々が融通を利かせて下さったおかげで出場できることになりました。
練習はできないけどレースは出るという勝手を許してもらったので、明日は今持てる力と3年分の経験をつぎ込んで、精一杯レースしたいと思います。
出場する以上は予選突破のラインを狙いますが、これが学生最後の51.5になるかもしれないという危機感を持って、楽しみ、苦しみながらゴールを目指します。
応援よろしくお願いお願い致します。

インカレ予選の抱負 - 澤口光

2017/07/01 (Sat) 08:42:19

3回生の澤口です
インカレ予選では、自分の現在の力を出し切れるよう精一杯予選突破を、目指して頑張ります
スイムは怪我が完治してないこともあるので、バトルは極力避けて、大きな泳ぎを意識します。目標タイムは24分20秒です
バイクは登りは軽いギアで回転数を意識してリラックスして登り、下りはしっかりとスピードを上げていき、苦手なバイクパートで少しでも順位を上げられるよう努力します。
ランは少しずつ感覚は戻ってきたので、集中を切らさないよう前へ前へと足を動かしていきます。
今シーズン初レースということで、不安が大きい分、ワクワクも大きいので、その緊張感を楽しみつつ予選突破に全力を注ぎます。
応援、サポートよろしくお願いします!

インカレ予選の抱負 - 伊藤和揮

2017/07/01 (Sat) 07:01:26

4回生の伊藤です。
近畿学生選手権男子の部に出場させて頂きます。
明日のレースでは自分の実力をしっかりと出し切って19位以内でゴールし、インカレの出場権を手に入れます。
応援、サポートの方よろしくお願いします。

インカレ予選の抱負 - 辻村 風音

2017/07/01 (Sat) 06:37:13

スタンダード・近畿学連女子の部に出場させていただきます。
目標はインカレの出場枠をとること(6位以内)です。故障が完治せず体調は良いとは言えませんが、今回掲げた目標は達成できないものではないと思います。スイム・バイクで良い位置について少しでもランが楽になるようにしたいです。
応援・サポートよろしくお願いします。

伊勢志摩の抱負 - 茂山友樹

2017/06/30 (Fri) 20:21:09

学生選手権に出場させていただきます、3回生の茂山です。
目標は19位以内、インカレ出場です。
スイムでは初の海水ですが、いつもより更に体が浮くはずなので自分にとっては有利と感じています。スタート直後は人数が少なく1人になりやすいですが、自分より泳力が高い選手をスタート前から見つけておき、同じところでスタートし流れに乗って前を狙います。また、海水をできるだけ飲みたくないので、バトルにはせず、また無理なペースにしないようにします。
バイクが一番の追い上げどころだと感じています。当日の気温にもよりますが、ランに少し影響が出るくらいでも登りで速度を落とさないようにします。自分が漕いでいてしんどいと思うところが、差を縮められるポイントのはずなのでそこでの踏ん張りを大切にしたいです。また、海水で喉が渇くことが予想されるので、水分は多めに摂ります。
当日は高温多湿の予報です。ランでは一度潰れた経験があるのでできるだけ慎重にペースを作っていきます。余裕を残すつもりのペースが丁度いいと経験してるので、これを信じ堅実に走ります。
自分の順位でペース配分が大きく変わります。どうかサポート応援で順位や前との差を伝えてもらえるよう、よろしくお願いします。

びわ湖トライアスロンの反省 - 細矢祐香

2017/06/23 (Fri) 22:27:28

スタンダードの部に出させていただきました。

全体の反省として、自分の体調と調子をレースにしっかりと合わせることができていなかったと思います。

スイムでは、去年よりも速く泳ぐことができていたので練習の成果を出すことができたと感じています。
しかし、その後のバイクとランでは去年よりもかなり遅く反省の残るレース展開となりました。
バイクでは、思うように力が伝わらない感覚がありました。予選に向けてもう一度ペダリングを見直していきたいと思います。
ランでは、最後の方に自分の思う走りに近い走りをすることができましたが、前半はとても精神面、身体面ともに良くなかったと思います。

予選に向けて課題と不安の残るレースとなりましたが、今が底辺ならば、あとは向上しかないので、予選に向けて準備をしていきたいと思います。

びわ湖トライアスロンの反省 - 伊藤和揮

2017/06/22 (Thu) 17:27:12

4回生の伊藤です。
スタンダードの部に出場させて頂きました。

Total 2:07:14 (22)
Swim 0:23:24 (32)
Bike 1:03:22 (10)
Sprit 1:26:46 (20)
Run 0:40:28 (32)

全体的な反省としてはこれまでの課題点をある程度改善することができたレースになりました。

スイムでは前回の木曽三川の後から泳ぎの意識を変えたことでペースを改善することができ、また同じくらいの泳力の選手を見つけて泳ぐことができたため余裕を持ってスイムアップすることができました。しかしまだ他大の選手と比べてスイムでの差が大きいため、もう一つ前のパックを積極的に狙っていく必要があると感じました。
バイクでは比較的得意である平坦なコースで順位を上げることができました。
ランではレース前の食事や調整方法を変えたためか、最後まで脚が攣ることなく走ることができました。しかし中盤でペースが少し落ちたことと、残り1kmで追い付かれた他大の選手にゴールまで食らいつく事ができなかったことが反省点として残りました。

次のインカレ予選では少ない枠を賭けての接戦が予想されるので、まずはスイムで実力を出し切って少しでも前方でスイムアップすることが必要ですし、バイクもアップダウンの激しいコースなので登りに標準を合わせ、ランで粘るための調整をしていく必要があると感じています。

最後になりましたが応援やサポートをしてくれた方、ありがとうございました。

びわ湖トライアスロンの反省 - 雨宮諒河

2017/06/19 (Mon) 11:39:07

2回の雨宮です。
エイジの部に出場させていただきました。

total DNF
Swim 27'04"(96)
Bike N/A
Run N/A

スイムは自分より少し速い選手に食らいついていくこと意識して泳ぎました。結果今までの自分のスイムのタイムを大幅に縮めることができました。しかし、途中で選手を見失い一人になってしまうことが何度かあったので、インカレ予選では前の選手から離れないことをさらに意識して泳ぎたいと思います。
バイクは乗車ミスで落車し、チェーンが外れ1分ほどタイムロスをしました。その後立て直し走りきりましたが、バイクの調子は良く問題はないと思います。
ランは、バイクの落車での足の怪我をみてDNFとしました。

全体的に調子は上がってきているので、落車の怪我を早く治し、インカレ予選に万全の状態で臨みたいと思います。

最後に、応援に来てくださった土橋さん、サポート・応援してくださった竹田さん、澤口さん、大会サポートの一回生ありがとうございました。

びわ湖トライアスロンの反省 - 辻村風音

2017/06/19 (Mon) 11:13:54

エイジの部に出場させていただきました。
今回は砂浜ダッシュからのスタートで、スタートは上手く決まりました。その後同じぐらいまたは少し速い泳力の人を見つけることができなかったこと、波があり蛇行してしまったことが原因で思うように泳げませんでした。
バイクはたんたんと漕げましたがもう少し速く一定のスピードでいけたのではないかと思います。
ランについては脚の故障もあり満足に練習ができていないか走りきることができたことは良かったです。
また、今回はバイクの乗降車がスプリングよりも上手くなっていたように感じます。
インカレ予選まで残り2週間を切りました。残りの2週間、故障を治すことは不可能だと思いますが、痛くなく走れるように走り方を見直したいと思います。
最後になりましたが、応援・サポートしてくださった土橋さん、竹田さん、澤口くん、山本くん、また大会ボランティアとして大会中活動してくださった金銅くん、1回生ありがとうございました。

びわ湖トライアスロンの反省 - 茂山友樹

2017/06/19 (Mon) 11:05:43

スタンダードの部に出場しました茂山です。
総合 2:10′13″(33)
swim23′40″(36) bike1:05′41″(31) run40′52″(37)

目標通りどの種目も落ちることなく、こなすことができました。
スイムではスタート直後から1人になってしまい流れに乗れず、不利な状況で泳いでしまいました。それで前の集団から離れてしまい結果記録を落としてしました。
バイクは平坦なコースだったため、安定した速度、ケイデンスで回し続けることができました。DHポジションがとれる時間も伸びタイム短縮につながったと思います。
ランではまた比較的テンポよく走れてたと自分では思っていましたが、沿道からみると跳ねていて無理をしてたように見えていたようです。後輩に抜かれたときもそれに対応できませんでした。陸上出身としてもう少しラップ順位を高くしたいです。

ようやく自分のペースが見えましたが、ここから全ての記録を縮めるべく、インカレ予選まで残り2週間、丁寧に調整してインカレに出場したいと思います。

最後になりましたが、会場までの運転、ボラをしてくれた1回生、アドバイスを下さった土橋さん、ありがとうございました。

琵琶湖トライアスロンの抱負と反省 - 矢田直也

2017/06/18 (Sun) 22:08:23


びわ湖トライアスロンに出場させて頂いた矢田です。
Total 2:09:47(31)
Swim 0:26:12(79)
Bike 1:05:14(27)
Run 0:38:11(20)

今回のレースはインカレ予選前最後のレースということで、いままで行ったことのなかったカーボンローディングとウォーターローディングを試合の数日前から行いレースでの感覚を試すことが目標でした。

反省点
スイムは目標の26分代であがることができ、またいつもより余裕を持って泳ぐことが出来たのでよかったです。
バイクもカーボンローディングのおかげか後半までしっかりとふめたと思うので特に反省点はありません。
ランは今回も尿意をもよおしてしまい思うように走れませんでした。インカレ予選ではこのようなことがないよう、試合が始まるまでこまめにトイレに行くようにします。
カーボンローディングによる弊害はなく、むしろランでもしっかり足が残ってる状態ではしれたと思うのでインカレ予選でもぜひ取り入れたいと思います。
全体のはんせいとしてトランジがとにかく遅いので、インカレ予選までに練習していきます。

応援にきてくださった土橋さん、竹田さん、またボランティアに参加してくれた方ありがとうございました。

びわ湖トライアスロンの反省 - 田中 航希

2017/06/18 (Sun) 19:32:51


本日、びわ湖トライアスロンに出場させて頂きました。

Total 2:14:32(48)
Swim 0:30:41(173)
Bike 1:05:11(26)
Run 0:38:40(24)

総合的に振り返ると、細かい動作を含め現状の力を出し切ることはできました。今シーズン初めて出し切るレースができた事は収穫です。先週の疲れがあり、バイクランは万全の出来ではありませんでしたが、その中で特にバイクで攻めのレースができ、ある程度のタイムでまとめられたのは良かったです。スイムに関しても後ろのウェーブの選手に食らいついたりと目標として書いた事は実践できました。
スイムに関して予選まで二週間とできる事は少ないですが、肩の柔軟であったり感覚の部分であったりできるだけの準備はしたいと思います。
バイクに関してはもっと力の出せるポジションを見つければと思います。
ランに関してはまずは疲労を抜いて、ベストコンディションで臨めるよう
練習の選択を工夫します。
最後になりましたが、応援サポートして下さった土橋さんを初めとする方々、ボランティアとして支えてくれた一回生有難うございました。

びわ湖トライアスロンの抱負 - 雨宮諒河

2017/06/17 (Sat) 21:54:49

2回の雨宮です。
スタンダードの部に出場させていただきます。

スイムは自分より少し速い選手を見つけて流れに乗り、試合でのOWの泳ぎ方のイメージを身に付けることが最大の目標です。
バイク、ランはこれまでの2レースでの課題をつぶし、攻めのレースをし、伊勢志摩に繋げられるようにしたいと思います。

応援よろしくお願いします。

びわ湖トライアスロンの抱負 - 細矢祐香

2017/06/17 (Sat) 21:19:03

スタンダードの部に出場します。

スイムでは、スプリングの時に前半積極的に泳ぐことができなかったので、今回は積極的なレース展開にしていきたいと考えています。
バイクでは、去年はかなり遅いタイムとなってしまいました。今年は、まずそうならない様に集中していきたいです。そして、回すことを意識してランに繋がる走りにしていきたいと思います。
ランでは、独特のコースと応援がたくさんあるコースになるので、自分のリズムをスタートしてすぐに掴んで、楽しんで走りたいと思います。

インカレ予選に向けて、身になるレースにしていきたいです。
応援よろしくお願いします。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.